子供「勉強大っきらい」→「勉強って楽しい」になったきっかけ

よく子供に「勉強って本当は楽しいんだよ、今の学校の強制的なやり方に大きな問題があるんだよ」

と話しています。

子どもは「ふーん」って感じですが(^-^;

子どもはよく「勉強だいっきらい」

って言います。。

あんなにランドセル背負って学校行くの楽しみにしてたのに、

悲しいですよね。

そこで「マリオのゲームだって、嫌いにするのは簡単だよ」
と言いました。

子どもたち「え?」

自分「学校と同じやり方すればいいんだよ」

子ども「あぁなるほど。むりやりいろいろさせればいいんだね。」

自分「そう。

はい、マリオの時間です。マリオの得意技を覚えてください。テストします。

はい、時間です。

次はピーチ姫の出身について学びます。覚えてください。

クッパは◯kgで亀科の◯◯族で、、

次の時間はルイージについて学びます。

最後の時間は30分実際にマリオゲームやりますが、先生が決めたステージしかやってはいけません。

技も教えた技以外はダメです。

裏技なんて使ったら0点ですからね。

宿題は今日やったことを2ページにまとめて来てください。

日記はクッパに逃げられての感想。

本読みは攻略本の◯ページ〜◯ページを3回ずつ、忘れずに。

必ず親のサインももらうこと」

これじゃあ一部の”素質”のある子以外、ほとんどの子がマリオ大っ嫌いになりますよね。

今の勉強、国語、算数、理科、社会も、同じようなことが起きていると思うんです。

本当は真実を学んでいく学問って、右脳的で、感覚的なゲームのように楽しいはずなのに。

わざわざ知識の部分、左脳的な部分だけを切り取り、暗記させている。

体験的なのはごく一部。

その一部でさえ自由度は低く、先生が決めたこと。

けど実は、、、

「勉強なんて大っ嫌い」
って言っていたうちの子どもが

最近「勉強って楽しい」

って言うようになりました。

実はチャレンジタブレットを始めたんです。

ポイントをためてもらえる努力賞がめあてでもあるようですが(^-^;

でもあんなに嫌がっていた勉強を、今は2時間は軽く超えてやってます。

そのうちの何割かはゲームですが。

ゲームにも知識がいっぱい入ってるので、自然といろいろ覚えていくと思います。

不登校の子どもさんをお持ちの皆さん、

または子どもさんが「勉強なんて大っ嫌い」とよく言い、どこか悲しい思いをされている皆さん、もし良かったら一度試してみてください♪

最後までご覧いただきありがとうございました☆